おわら風の盆2016 -夜明け-




東の空に日が昇るころ

そっと踊られるおわらがある

名残のおわら

見送りのおわら

d0338099_15223075.jpg











9月3日午前5時 朝ぼらけの井田川沿い
d0338099_15314366.jpg




踊り疲れた八尾の人々が眠りにつきはじめるころ
d0338099_153045.jpg
(福島町にて)




この日最後のおわらを舞う人がいる
d0338099_15412648.jpg





誰が呼んだか 見送りのおわら
d0338099_15424757.jpg





始発列車の扉が閉まり
d0338099_1547439.jpg




八尾の町で一夜を明かした人々を飲み込んだ列車が
d0338099_15484392.jpg




明るくなった空を映しながらホームを後にする
d0338099_15495177.jpg




そして・・・しばし素顔の女性に戻るひととき
d0338099_1554839.jpg
(いずれもJR越中八尾駅にて)



d0338099_15561635.jpg
3日午前5時40分  越中八尾の夜が明ける


(完)



***
昨年は雨に祟られた夜流し 今年は天気にも恵まれ思う存分堪能させていただきました
もちろん一番うっぷんを晴らせたのは他でもない八尾の町の方々でしょうけれども・・・

小さな子供も一緒に踊るおわら 笠の下に素顔を隠し揃いの衣装で一糸乱れぬ踊りを披露するおわら
初秋の日差しの下で踊る昼のおわら まるで舞台装置のごとく大通りの街灯の下で踊るおわら
そのどれもが正真正銘「おわら風の盆」
けれどもボクは深夜笠を脱いで好きなときに好きな人と好きな場所で踊るおわらに惹かれます

きっと来年のこの時期も
たった数時間幻のような時間に浸るために
八尾の町に向けて車を走らせていると思います








[PR]
by ikeike2525 | 2016-09-15 19:00 | おわら風の盆
<< 夏のにこ旅2016 in 箱根... おわら風の盆 -あたら夜- >>