東大寺二月堂修二会2016 回顧  3月14日~15日

d0338099_1215764.jpg

最後の夜

2016.03.15 @東大寺二月堂






d0338099_1231467.jpg
咒師神所
惣神所に先だち咒師は処世界を伴い飯道社前に設けられた神供所で護法諸神を供養する


d0338099_131263.jpg
咒師神所用に用意した幣や注連縄などを携え随伴する堂童子


d0338099_1243129.jpg



d0338099_12282678.jpg



d0338099_12285090.jpg
惣神所へ向かうため南出仕口より出堂される練行衆
安堵の表情が浮かぶ練行衆の額には牛玉宝印がうかがえる


d0338099_12301658.jpg



d0338099_1385448.jpg
晴れて満行下堂









満行下堂から3時間

二月堂裏参道の夜が明ける
d0338099_13123151.jpg



参籠宿所から童子の手によって練行衆の所持品が運び出され
d0338099_13142811.jpg



多くの松明が駆け抜けた二月堂の舞台に朝日が差し込む
d0338099_1316287.jpg




(完)




【自分用備忘録】
予想通り西の局が満員のため東の局で初夜より聴聞 
東の局の南寄りは22時ごろまでは比較的空いており 和上と対面する位置に場所確保
走り・達陀のあと西の局へ移動し名残の晨朝を聴聞(何故南に入らなかったのか?)
下堂(0時55分)を細殿で迎えたのち 結願上堂(1時25分)を舞台、破壇を西の局で
礼堂の荘厳が整えられた頃に局を出て咒師神所(3時30分)惣神所
満願下堂(4時35分)を細殿で迎え 二月堂北出仕口堂童子により閉扉
夜食を食べ駐車場で仮眠後再度二月堂へ

*今年は聴聞した時間が少なく満行後に物足りなさを覚える
来年からは撮影時間を減らし聴聞メインに切り替えよう!!



[PR]
by ikeike2525 | 2016-03-19 12:56 | 東大寺二月堂修二会 | Comments(14)
Commented by ei5184 at 2016-03-20 07:43
14日から15日未明まで ほぼ徹夜ですね~
とても参考になりました。来年はトライしてみたいと思います。
しかし、8年振りに訪ねたのですが、随分ご覧になる方へのイメージが変わりました。
お堂では毎晩訪ねていると仰る方が、こんなにも多いとは!
東大寺、恐るべし(笑)
Commented by mahoroba-shahai at 2016-03-20 17:50
ニュ-スで流れる”お松明”しか知らないまほろばにとって
とても刺激的な内容ですね。
有り難く拝見させていただきました。
ありがとうございます。
Commented by oneman_avi at 2016-03-20 22:03
センセー、コンバンハ!

終わっちゃったんだぁ・・・と、余韻を楽しんでいたらば
まさかのイッキ出し!で心の整理がつきません。笑

どれもこれも素晴らしく、勿体ない勿体ない。汗
雨の日・・・、鹿チャンの頭も濡れていて
まさかの、あの方・・・・
汚れた下駄や、手渡す、受け取る手と手
堂童子さんの光と影
生飯投げキャッチボールのお見事な事・・・

その他の写真はコチラから、続きはコチラから、○○って?
見入ってしまい迷子になったら
「いけふぉと」をクリック!戻って来れました。笑
来年はスケジュール表を作成、
コチラでテンションを上げ出陣したいと思いました。笑

なんでしょね、名残惜し。
年の瀬みたいな気分になっちゃうのは何故~。
素敵なお写真を有難うございました。
Commented by susatan at 2016-03-20 23:32
お疲れさまでしたー♪
毎年毎年 こちらに積もっていくお水取りのページの奥深さは わたしのバイブルになりそうです。
こういうシーンを見てみたい撮ってみたいと思いながらも なかなか到達できない空気感です^^

↑ ATS aviちゃんの「名残惜し」に 頷いてしまいました。
また来年 この深い祈りの世界の扉を 少し開けて その空気に触れてみたいと思います。
今年も ほんとにありがとうございました。
Commented at 2016-03-20 23:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikeike2525 at 2016-03-21 09:29
eiさん、おはようございます。
ホントは練行衆が自坊に戻られるところまでいるつもりでしたが、
寄る歳波には勝てず早々に退散してしまいました^^;
この時期毎年奈良のホテルに何連泊もして通われる方も多いと聞きます。
もう少し近ければボクも毎晩通うのに・・・(笑)
Commented by ikeike2525 at 2016-03-21 09:39
まほろばさん、おはようございます。
おっしゃるとおりニュースではお松明ばかりが取り上げられますから、
修二会の目的が何なのか、お堂の中で何が行われているのか、
ご存じない方が圧倒的多数だと思います。
修二会=お松明ではなく修二会=祈りの場であることを少しでも知っていただければ本望です。
Commented by ikeike2525 at 2016-03-21 09:56
aviさん、無事に戻ってこられてよかったよかった(笑)
今年は東大阪の誰かさんを煽ってやろうと例年にも増して写真多目です(笑)
来年の予習に使ってやってください。
名残惜し、年の瀬みたいな気分になっちゃうのは「修二会ロス」でございます。
ひとつ下のコメントの方やいま返事を書いているボクもお仲間でございます。
「修二会ロス」ちゃんとwikipediaに載ってますから(ウソ!!)
Commented by ikeike2525 at 2016-03-21 10:05
susatanさん、おはようございます。
毎年毎年 こちらに積もっていくお水取りのページの奥深さは わたしのバイブルになりそうです。
こういうシーンを見てみたい撮ってみたいと思いながらも なかなか到達できない空気感です^^
をそっくりそのままお返しします(ってコレばっかり^^;)
これからも教科書に載っていない色々なこと教えてくださいね。
ほんとうに色々とありがとうございました。
Commented by ikeike2525 at 2016-03-21 10:10
鍵コメさん、ありがとうございます!!
しかもYou tubeまで^^
言ってた声の持ち主はこの方でした。
でも音痴な人とは別モノかも・・・^^;
Commented by mmpphoto at 2016-03-25 13:12
お疲れ様でした。
どれを見ても流石ですなぁ!
勉強になります。
来年はもっと考えて撮ることにしまーす。
Commented by ikeike2525 at 2016-03-26 14:59
masaさん、こんにちは。
今年はあんまりゆっくり話ができませんでしたね。

とりあえず数で勝負です^^;
毎年違う目線でと思うのですが早くも限界、
似たような写真ばっかりになってきた・・・
Commented by rato-yamato at 2016-03-27 14:31
何か書こうと思いましたが、書けませんでした。
アップしていただきありがとうございます。

m(_ _)m
Commented by ikeike2525 at 2016-03-28 14:14
ratoさん、昨日はお疲れ様でした。
何か返事しようと思いましたが、書けませんでした。
コメントしていただきありがとうございます。

m(_ _)m
名前
URL
削除用パスワード
<< 春らんまん 東大寺二月堂修二会2016 回... >>